読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Episteme

気になる分野、少し考えていることをつらつらと書いております。

ちょっと面倒な家事を誰かに手伝ってもらう:タスカジ C2C

タスカジとは1時間1500円からのハウスキーパー

taskaji.jp

ちょっとした家事の仕事が面倒なことは多い、それを低単価で外注できるのがこちらのタスカジというサービスである。

競合との比較箇所は、簡単にいえばコストメリット

他のベアーズなども家事サイトだが、実際に見てみると金額が少し高く感じてしまう。 他の競合と比べてプロの家事手伝いの方でなくC2Cの形で依頼ができるので、安価に依頼ができるのであろう。

サイトを見てみると、フィリピンからの手伝いの人も多くとあり、国際色豊かなワーカーさんがいるようである。

調達額は不明ではあるが、みずほキャピタルUFJキャピタル、大和投資株式会社などから出資を受けている。 このような少しお固めのVCから資金調達できているということは、事業計画が非常に堅実なモデルであるかもしれない。

キャッシュポイント

・ユーザーからの家事代行サービスへの支払い金額 1800円〜 その金額の中でどのくらいを手数料に払っているのかわからないが、それを引いたものがタスカジの収益となる。

男女共働きの時代

このような男女共働きの時代に、家事を労働と捉えて市場に任せるというのは、非常に有効な施策だと思う。 そこをC2Cというモデルで開拓していく、タスカジに今後も注目していきたい