読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Episteme

気になる分野、少し考えていることをつらつらと書いております。

【体験談】お台場 VR 遊園地にいってきた

お台場にあるVR遊園地に遊びにいってきた。 結論、VRゲームというのは必ず伸びるだろうというのを確信できた。

project-ican.com

ゲームセンターのVR化

この中でも下記PVでも紹介している、高所恐怖SHOW と アーガイルシフトを体験してきた

www.youtube.com

高所恐怖SHOW

地上200メートルにいる、板一枚に乗っている猫を助けにいくアトラクション

とりあえず、画質は少し荒い、、ただそれを有り余るほどに怖い。

本当に足が震えた。。

特に猫をキャッチしたあとに、戻らなければならないのだが、その際に振り向いた時が緊張する。

カ○ジの漫画の中で同じようなシーンで、前を向いて歩け!といっていたが本当に理由がわかった。 下をみた瞬間に足が竦んでしまう。

これが、更に画質もよくなったかと思えば相当なスリルを体験できるのではないだろうか

アーガイルシフト

こちらはコックピットにのり、ロボットで敵をうつという本当にありがちなゲームである。

ただ、その設定こそありがちではあるが、VRにした途端に緊迫感が違う。

子供のころにした、ゴエモンゴエモンインパクトのコックピットで対決した緊張感の何倍もの緊張感が味わえる。

まさにこういったコンテンツは、コントローラーさえあればできるので、ゲームセンターひいては、室内ゲームとして今後でてくる分野ではあろう

VRの将来性

ゲーム分野においては、必ずVRは一つの媒体として進歩するものだと思う。

初期のインベーダーゲームのように、まずはゲームセンターなどにおき、次第に家庭用ゲームとして開発が進むのではなかろうか。

ただハードの対決・デファクトをとるハードがまだ未定のため、そこが落ち着いた後に爆発敵に普及するのではないだろうか。

コンテンツ分野においても、コレボレーション価値が高いと思われる。 VRのなんといってもよいところは、場所を選ばないことだ。どんな場所でもVRの一つで見える景色が変わる。

いずれVR合コンとか、VRお化け屋敷、VR演劇などなど 「既存のエンターテイメント」×「VR」 というのはヒットしていくのではないだろうか