読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Episteme

気になる分野、少し考えていることをつらつらと書いております。

【体験談】お台場 VR 遊園地にいってきた

お台場にあるVR遊園地に遊びにいってきた。 結論、VRゲームというのは必ず伸びるだろうというのを確信できた。

project-ican.com

ゲームセンターのVR化

この中でも下記PVでも紹介している、高所恐怖SHOW と アーガイルシフトを体験してきた

www.youtube.com

高所恐怖SHOW

地上200メートルにいる、板一枚に乗っている猫を助けにいくアトラクション

とりあえず、画質は少し荒い、、ただそれを有り余るほどに怖い。

本当に足が震えた。。

特に猫をキャッチしたあとに、戻らなければならないのだが、その際に振り向いた時が緊張する。

カ○ジの漫画の中で同じようなシーンで、前を向いて歩け!といっていたが本当に理由がわかった。 下をみた瞬間に足が竦んでしまう。

これが、更に画質もよくなったかと思えば相当なスリルを体験できるのではないだろうか

アーガイルシフト

こちらはコックピットにのり、ロボットで敵をうつという本当にありがちなゲームである。

ただ、その設定こそありがちではあるが、VRにした途端に緊迫感が違う。

子供のころにした、ゴエモンゴエモンインパクトのコックピットで対決した緊張感の何倍もの緊張感が味わえる。

まさにこういったコンテンツは、コントローラーさえあればできるので、ゲームセンターひいては、室内ゲームとして今後でてくる分野ではあろう

VRの将来性

ゲーム分野においては、必ずVRは一つの媒体として進歩するものだと思う。

初期のインベーダーゲームのように、まずはゲームセンターなどにおき、次第に家庭用ゲームとして開発が進むのではなかろうか。

ただハードの対決・デファクトをとるハードがまだ未定のため、そこが落ち着いた後に爆発敵に普及するのではないだろうか。

コンテンツ分野においても、コレボレーション価値が高いと思われる。 VRのなんといってもよいところは、場所を選ばないことだ。どんな場所でもVRの一つで見える景色が変わる。

いずれVR合コンとか、VRお化け屋敷、VR演劇などなど 「既存のエンターテイメント」×「VR」 というのはヒットしていくのではないだろうか

物欲なき世界の先にはなにがあるのか

資本主義という世界をまわしているのは欲望であり、もっとほしいあれが買いたい、あんなことしてみたい。その欲望・ニーズを生み出すために企業は日々努力をしている。 でも、そのような価値観は成熟した国家や社会においては次第に衰退していくのではないかとなんとなく思っていた。 昔は、例えばカラーテレビが欲しいだとか、パソコンが欲しいだとか、携帯が欲しいだとか、いろんな欲望があったと思う。ただ、主に技術発展により、こと先進国ではそのような”モノ”は比較的安価に手に入るようになった、技術革新がおこり、生活は豊かになり、コストは安くなっていく。物欲というものは逓減していくのではないかと思う。 特に自分などは、これといった物欲はなく、高い車にのりたいとか、高い腕時計が欲しいとは全く思わない。もちろんお金がなくてもいいなんてのは思わないけども、もっといいブランドを、もっといいものをと思うのは、減ってきている。

そんなことをなんとなく思っていたときに、下記の本に出会って、タイトル買いをした

物欲なき世界

物欲なき世界

物欲なき世界

資本主義2.0の世界感、欲望を軸にした世界観の終焉を予期していた良き本だった。 下記に気になった点を記述してみる

消費のその先にある文脈を提供する

人々は単に商品が欲しいのでなく、商品にまつわる物語や生活提案を求めている。ライフスタイルを提供しなければならない モノが欲しいのでなく、そのモノやサービスを利用するイメージ、物語にお金を払う

個人の感じる価値が何か・価値こそ大事

物欲レスな時代は、モノよりコトへ、見えるものから見えないものへの価値を置く 貯蓄の時代のいま、世の中を動かすのは意味(ex:エッツィー)

資本主義2.0

資本主義を動かしている原動力が欲望と消費 現代の世代は、仕事に自分の存在意義を求めている世代 経済は人間の欲望のなかでいちばん重要でないものに向かって動かされている 人はなぜ働くのか、それはお金のため、お金を稼ぐのはなんのためか、幸せになるため。これが資本主義のセントラルドグマであった ピケティによれば、資本主義は経済の成長よりも収益を重視するシステム。そのため極端な格差を生み出す。みんなで成長するのでなく、個がいかにもうけるかを考えている

物欲なき世界の先には

大衆的な物欲、シンボル消費は現象していくのではないかと思う。 それより、個性であったり、価値に重きをおく、バリュー消費が増えていくのではないだろうか。 自分がもとめるもの、誰に決められるわけでもなく自分が価値だと思うモノに対してお金を払う。 つまり、カスタマイズされた・また非常に多様な選択肢の中から自分にあうものをレコメンドするようなものが今後流行るのではなかろうか

消費でなく生産を

また、物欲による消費ではなく、個人の生産活動が更に活発するのではなかろうか。 ”価値”という言葉を考えたときに、お金でなく・その価値あるものを生産することが取り上げられるのかもしれない。 それこそ評価経済社会ではないが、お金を稼ぐことが価値ではなく、自分が考えたもの・作ったものが誰かに認められる。それだけで価値なのではなかろうか。 マスプロダクションによる、マスコンサンプションの世の中から、スモールプロダクションによる、レスコンサンプションになっていくのではないだろうか

プログラミングはじめました、3年ぶり3回目ぐらい

タイトル通り、改めてプログラミングをしております。 どこかにとりあえず宣言しておこうと。

なんでプログラミング勉強するのか

やりたい、作ってみたいからです。 仕事をする上で、誰かがつくったものにいちゃもんをつけ、その上で勝負するということしかしてないですが、自分で実際に作ったものを誰かに見てもらいたい、使ってもらいたいという普通の願望です。現在24歳なので、きちんと時間とってやり25歳になるまでに、簡単でいいので、サービスをつくり、27歳になるころには、一通りプロダクトの作るところから、サーバー、マーケティング、事業管理まで一通りできるようになりたいな〜と思います。 できることが増えたほうが、楽しいかなと。

また以前記事でも書いたかもしれませんが、単に管理するホワイトカラーの仕事はどんどんなくなっていくし、その中間を常に狙っていきたいと考えております。

じゃあどうやるのか

プログラミング言語Rubyフレームワークは、Ruby on rails で学びたいと思います。

Ruby たのしい rubyを一読(参考書代わり)

たのしいRuby 第5版

たのしいRuby 第5版

ドットインストールでruby

progateでruby を学ぶ

Rails rails チュートリアル

一旦、こちらで進めて、ときどき途中経過を報告しようと思います。

KDDIに買収されたMamariについてまとめてみた

先日ニュースで KDDI がmamari を買収した。 Start up の Exit が増えることは、新しいものを生み出す生態系としては、非常に良い流れだと思う。 ただ、mamari について、あまり知らなかったため、勉強ながらまとめてみた

Mamariとは

mamari.jp 簡単にいうなれば、赤ちゃんをもつ母親のポータルサイトのようなものだ。 妊娠から、出産・子育てというものは、ライフイベントとしては非常に大きいものだが、情報としてはあまりまとまっていない。 昔は、近くにおばあちゃん・親戚がいてみんなで面倒をみ、そして子育てについて、いわば口頭伝承的に伝えられてきた。

しかし、現代の都市化が進むにつれ、親元を離れ暮らす家族が増えてきている。 実際に確かに子供を授かったら、なにをみるかといってすぐに思いつくものはない。そこの市場をうまくとらえたサービスであると思う。 (リクルートのたまごくらぶ、ひよこくらぶのような雑誌が競合になるのでは・・)

Similar web で流入などをみてみると Search が 70% と、SEO に非常に強みをもっているようだ。 そして Social では Facebook からの流入がほとんどである。

実際に競合が、cozreやcuta などレッドオーシャン化しているキュレーションメディアの中でもニッチだが重要な層にむけてメッセージをひたすらとりつづけた。 戦略の勝利だと思う。

mamari ができるまで

詳しくは下記のテッククランチの記事にある通りだが、試行錯誤の結果生まれたサービスであるようだ。

jp.techcrunch.com

事業が成功したポイントとしては、下記の点かと思う ・『健康や体の悩みの情報のアーカイブ化』というテーマのもとユーザーの動向を見る為に記事を書いて、市場調査をした ・命に関わるという重要な要素・生活に必需なことをテーマとして捉えた ・Yahoo知恵袋などで、聞きにくいことを同じ集団をつくることで聞きやすいようにした

creatty.com

YPlan:海外の今日行きたいイベントを探せるアプリ

今日なにかイベントないかな

海外旅行をしているとき、その土地で上記のような思いをもつことは少なからずない、特に人気観光地などで、何回か行ったことがあるならなおさらそう思うことは多いであろう。 そんなときにこのサービスは非常に便利

YPlan はその日におこなうイベントを紹介してくれるサービス

yplanapp.com

このサービスを利用すれば、その日に行われるイベントが一目瞭然である。 かつUIが非常によく、大きな画面で画像だけでそのイベントが何をしたいのかがよくわかるようになっている。

http://www.adweek.com/socialtimes/wp-content/uploads/sites/2/2014/05/yplan-650.png

まだロンドンや、少ない都市でしか行っていないが、対象の国に旅行した際はぜひ利用したいサービスの一つである。

インダストリー4.0とは、工場における生産性の革命である

インダストリー4.0とは

”世界中の工場内の機械設備および製品をスマート化し、それらをインターネットに接続して、すべての機械設備、製品および人との間で、いつでもどこでも誰とでもコミュニケーションができる技術を実用化すること”

と下記の本では紹介があった。 つまりは工場における革命をIndustory 4.0と呼んでいるようだ。

現在、私たちの日常生活はITによって大きな変化が起きているが、実際のそのITの革命を工場にも起こそうというのがこのIndustory 4.0であるようだ。 産業革命は、1蒸気、2マスプロダクション、3計算、4internetという順番で起きており、工場の生産体制は日々進化してきた。

じゃあ、実際どのようなことがおこるのか考えてみた。 現状工場や物流拠点において、データを得た人が計算して業務改善が図られている。 つまりあくまで人が介入することで、業務改善が図られている。 これがIndustory4.0によると、機械同士で改善策が考えられ自動的に効果改善が行われるというものだ。 例えば物流において、人がどういう風にピッキングをしているかを見た後に、最適な導線経路を次の日には試算しているというようなものだ。 M2M2Pのように機会同士でのcommmunicationが図られる(下記の図:へたくそすぎだが) f:id:nakajima1234:20160614235157p:plain

ドイツが現在特に力をいれているのがこのインダストリー4.0である。

今後モノ作り企業において、この生産工程の最適化というのは非常に重要な概念であると考えられる。 このIndustory4.0を加速させるサービスなどは今後注目されるであろう。

ホワイトワーカーの行く末について

仕事をしていてたまに思うことがある。

ホワイトカラーはどこまで必要なのかと。

実際に価値を出しているのは現場であって、それを指揮する人にどこまで価値があるのだろうか。

数字管理・進捗管理をする人がいないと優先順位がつけれないというのはわかる。ただ、じゃあ実際にその人がどう頑張ったところで仕事は進まず、実際に動くのは現場である。

ただ、その現場にずっといるのも考えるのを奪われていく気分である。ただそれが楽だということもある。

そもそも日本におけるホワイトカラーの定義が曖昧である。新卒一括採用をし、ブルカラーもホワイトカラーも同じタイミングで入社する。

その後も、そこに違いを感じず仕事の内容自体も似たようことをしている。

では、ホワイトカラーとはなんなのか?

中間管理職、現場ではない、指揮者、様々な考え方はあるだろう。営業チームをひとつ例にだすと、5人がいて5人とも営業活動に従事すれば一番売上には伸びるであろうと考える。しかし、5人だれもがモチベーションを保ったり、進捗管理を自分でやる時間がなかったりする。そこででてきたのが、ホワイトカラーの仕事である。

現場を俯瞰し、目指すべき方向性に向けて全員の方向性をそろえていく。

 

ホワイトカラーを取り巻く環境の変化

そもそもホワイトカラーの仕事は、ITで代替できないのだろうか。

目標を設定し、それにむけてトラッキングをして、全員でコミットする。それが以前の時代でできなかったのは、時間がなかったから、まとめる人が必要だったからではないのか。

ところが、時代は代わり、ITがそのホワイトカラーの仕事を代替できるようになってきた。

営業の例をとると、SalesForce などは顕著な例なのではなかろうか。

目標を与え、Tracking をし、実際につぎのAction の指示だしができるようになる。

ホワイトカラーの仕事は奪われつつある。

 

ではホワイトカラーはなくなるのか

そうは思わない。じゃあ実際に方針を意思決定する。経営をITができるのだろうか。そこは人による会話が必要だ。

今後はホワイトカラーの仕事がITにより効率化が図られ、人数は減っていくべきではないかと思う。

いわゆる組織のフラット化がすすむべきだし、すすむようになる。

その分意思決定までのプロセスが短くなる。ITの効率化により、意思決定の権限委譲が簡単になり、責任をもって働く現場が多くなっていくのではなかろうか。

 

今後、ホワイトカラーの仕事を代替するようなサービスが更にでてくるのではないかと思う。B2Bのツールや企業はまだまだ解決すべき問題が多いと感じる。